2018年はじめてのショールーム模様替えを行いました。

皆様、年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか。

本年もアビターレをどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

今回は、新商品の入荷に伴いショールームの模様替えを行いました。

濃茶、グレー、ベージュ色を使い、フレンチ風のインテリアでまとめました。

小物は白色やシルバーを使い、爽やかな印象にしながら、

甘くなり過ぎないようにシンプルでモダンな物でディスプレイしています。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

以前ブログでもカバーリングのベッドとしてご紹介しましたが、

今回ようやくイタリアValeo社のベッドが初入荷致しました。

こちらのベッドは、VICTORIAというモデルで、

ヘッドボードの緩やかな曲線とボタン締めが特徴です。

ベッドと同生地のクッションを散らして統一感を出しています。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

また、ベッド前に置いたパンカは、ベンチとしてもお使いいただけますし、

扉が前倒しになっておりますので、リネン類なども収納いただけます。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

テーブル(MM606/Y)と飾り棚(FG931/K)には、

濃茶の脚のチェアーを合わせて、ぼんやりとした印象にならないように組み合わせを考えました。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

続きましては、クラシックとモダンをミックスしたインテリアです。

イタリアMarchetti社の家具は、クラシックとモダンの中間となる家具になりますので、

どのインテリアにも合わせ易いです。

奥にある5センチの構造材を使用した壁面収納の重厚感に負けないように

こちらの空間は、茶色や黒色をベースカラーとして取り入れ、

テレビボード(MM634)には、ベージュ色(Maestrale Avana)を使い軽さを出しました。

また、壁面が間延びしないように絵画を飾り、

右端には高さのある雑貨をディスプレイし余白を調節しています。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

ソファー(GIACOMOFRANCA)とアームチェアー(DALL)をコの字で配置し、

ゆったり落ち着いたリビングにしました。

小物には、シルバー色のピューターを使用し、重厚で高級なイメージにしております。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

ダイニングは、エレガントなデザインの家具を選びました。

ご好評のテーブル(FG678)は、脚がストレートではなく曲線になっており、

ボタン締めのチェアー(SENNA)とのバランスが良かったので合わせました。

小物は、中央にあるチェスト(D115/L)に合わせて、黒色やガラス、シルバー色で統一しています。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

いかがでしたでしょうか。

次回は、今回ご紹介できなかった新入荷家具をご紹介します。

気になる商品がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

人気ブログランキングへ