ARVE style社の家具新入荷のお知らせ

イタリアのARVE styleより新入荷の家具のご紹介です。

ARVE styleはイタリア北部の都市、ヴェローナのブランドです。

『ロミオとジュリエット』の舞台となった中世の街並みが色濃く残る町、

また夏には古代ローマ遺跡で豪華な野外音楽祭が開かれることでも

有名な歴史ある都市です。

 

romio

 

そういう地域性もあってか、ARVE styleはエレガントでクラシカルな

デザインを得意としており、装飾的すぎず小ぶりなものも多いので

アビターレでも根強い人気があります。

もちろんMarchettiの家具、特にチェリー系の仕上げと相性はぴったりです。

 

IMG_3448

こちらはMarchettiのウォールナット材の壁面家具MG800

豪華なデスクMM643が目を引く正統派で格調高いコーナー。

デスク脇のサイドテーブルはARVE1018を合わせました。

 

ARVE1018

 

直径が60cmと大きめで、サイドテーブルのほか

エントランスなどの花台としても活躍しそうです。

天板には楽器モチーフの象嵌細工があしらわれています。

 

また、このシーンのソファーコーナーには、rs ValeoのFRANCAとBaxterのDALL

センターテーブルにはARVE615-2を合わせました。

 

ARVE615-2CO

 

このセンターテーブルにはガラスがはめこんであり、

コレクションテーブルとしてお使い頂ける仕様になっています。

 

ARVE615-2jpg

 

イタリア製ピューターのコレクションを飾りました。

引き出し式で簡単に入替えができるのも魅力です。

装丁の素敵な書籍や思い出の写真、ドライフラワーなど

何を入れるか考えただけで楽しくなりますね。

 

ARVE615-2 OPEN

 

また、人気のチェストARVE612も再入荷されています。

A4が横向きに入る浅めの引き出しが7段、

その上には鍵付の引き出しが1段ついています。

以前、楽譜入れにとお求めになったお客様がいらっしゃいましたが

大切な書類の整理にぴったりです。

 

Art612

 

また、ご要望の多いデスクも入荷しております。

コンソールデスクARVE62/Aは、上置きが無くコンパクトなサイズなので

リビングや寝室の一角に置いて実用的かつ雰囲気の良いコーナーが作れます。

写真のようにデスクとしてお使いいただくほか、

鏡をかけてドレッサーのようにしたり、オブジェを飾ってコンソールとして

楽しまれてもいいですね。

 

IMG_3577

 

最後にご紹介するのは、書棚や飾り棚としてお使い頂けるARVE953です。

細長いプロポーション、サイドは格子状になった抜け感のあるデザインで

下部には開き扉の収納がついています。

 

953カタログ

 

ARVE953とFG900

 

アビターレでは人気のリブレリアのテレビ台FG900-abi180

両脇にシンメトリーに配置しました。

圧迫感を気にすることなく、収納を楽しんで頂ける家具です。

また幅・奥行きがコンパクトなので、ニッチなスペースでも活躍しそうです。

 

この他にも、ガラスキャビネットやデスク、サイドテーブルなど

いろいろなアイテムをショールームに展示してございます。

ぜひ御来店の上、実際の商品に手を触れてお確かめください。

 

2018.6入荷分  2018.6入荷回転本棚

*ホームページの製品情報にMarchettiの家具と同じく

ARVE styleの商品を掲載しましたので、ぜひ比較してご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

人気ブログランキングへ