弥生 MUNI CARPETS 

今日は春の日差しです。

ウィンドウのお雛様も、少し眩しそうに外を眺めています。

もうじき春ですね。

 

先日、季節に合わせてMUNI CARPETSのラグを展示替えしました。

(MUNI CARPETSについてはこちらでもご紹介しています。)

 

2

 

蓮、龍、蝶々、菊、仏手柑(ブッシュカン)。

時の皇帝が愛した伝統的な模様を現代に蘇らせたラグです。

カシミヤグレードの細いウールを手紡ぎし、天然染料で染められています。

手織りのラグは滑らかで弾力のある肌触り。

 

R0041086

 

ショールームでは、Marchettiの木目を活かした家具のコーナーに

合わせて展示しています。

キリムのクッションもポイントにして、少しオリエンタルな雰囲気です。

全面に象嵌を施したパンカとは好相性。

どちらも職人の手業を感じるアイテムだからでしょうか。

 

R0041084

 

天然のウールは冬は温かく、夏は涼しいと言われています。

そして時が経つほどにウールから油分が馴染んで、

しっとりとした深い艶が出るそうです。

使い込むほどに風合いが増すMarchettiの家具と同じですね。

 

ぜひショールームで御覧ください。

 

 

 

 

人気ブログランキングへ