toggle
2020-04-10

リユース家具 『リブレリアのデスク』

みなさま、いかがお過ごしですか?
不安なニュースがとりまき、御自宅にいることを余儀なくされている方も多いと思いますが
ご自宅での時間が少しでも平穏に心地よく過ごせるように、と私達は切に願っています。

さて、今日ご紹介するリユース家具は、リブレリアで作られたデスクです。
リブレリアは、4㎝厚の無垢材を構造として1㎝単位でオーダーできるシステムで
これまでも様々な家具が作られました。
 *詳しくはこちらMarchettiの魅力『Brand story』をご覧下さい。

今回のデスクは、リビングに続いた洋室に壁面いっぱいの本棚とセットにして
書斎を作りたい、という御夫婦の御要望から生まれました。
下はお客様がお使いになっていた当時の御様子です。

壁いっぱいの本棚は、暗い焦茶色(Fondente)に明るいオイル仕上げの色を入れて
動きを出した マルケッティらしいデザイン 。
お好きだったワニの取っ手もポイントです。

デスクとはそれぞれ単体でお使い頂けるように作られていますが、
オイル仕上げの色がデスクの天板とつながるようにデザインされているので
一体感がある書斎コーナーとなりました。

下のお写真はリビングから書斎コーナーを見たところ。

広々としたリビングの後ろにちょうど書斎コーナーが見えています。
お気づきかもしれませんが、リビングのセンターテーブル、
アームチェアーもマルケッティのもの。

マルケッティの家具をとても気に入って下さった御夫婦は、
いつも楽しそうにお店で家具を選ばれ、たくさんの家具を揃えて下さいました。

この度はライフスタイルの変化に伴ってお引越しをされ、
どうしても書斎コーナーの家具が入りきらないということで
リユースにとお声掛け頂くこととなりました。

デスクの詳細は『受け継ぎたい方』よりご覧頂けます。
シンプルながら、作業効率を良くする工夫もいっぱい。
マルケッティへオーダーした際の図面もぜひご覧下さい。

この機会に、御自宅のワークスペースについて考えてみるのも良いかもしれません。
在宅ワーク、いつかいつかと遠ざけていた資料整理、趣味のクラフト、
スキルアップのための勉強。
広めのデスクで出来ることはたくさんありそうです。
個室にこもって集中も良いですが、こんな時は家族の気配を感じながら、が
なおさら良い気がします。

*デスクは茨城倉庫でご覧頂けます。
*本棚は、アビターレループで只今リユース検討中です。
 ご興味のある方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問合わせ下さい。