toggle
2020-12-28

家・家具・人の繋がり

2020年、今年も残すところ僅かとなりました。
皆様にとりましてどのような年でしたでしょうか。
いろいろありましたが、
想像もしない様々な変化に適応していく強さも試された一年だったように思えます。

コロナ禍によって気付かされた点もありました。
お家にいる時間が増え、そして家族との共有、自分の居場所を考えるキッカケも
できたのではないでしょうか。
家具、インテリア、住居を見直す方も多かったように思えます。

アビターレショップが閉店して一年半、アビターレループを始めてから一年、
運営事務局でお客様にお会いできない環境の中で戸惑いもありましたが、
数多くのお客様からの御連絡をいただき懐かしく嬉しく接することができ、
心より感謝致しております。

永年御愛用頂いているお客様と触れ合う事によって、
マルケッティ家具の魅力を改めて認識できた時間でもありました。

【リユース】
マッチングでの橋渡しでの双方のお客様のお喜びにやり甲斐を感じました。
このようなシステムを作って良かったと思います。
リユース家具のご紹介では、お譲りいただくお客様は少なかったものの、
次に受け継いで下さるお客様のニーズも感じました。

リクエストされたお客様にはお待ち頂いている状況ですが、
来年は一人でも多くのお客様にマッチングしご縁が繋がりますよう努めたいと思います。
希少価値のある新品在庫も少なくなりましたが、運命的な出会いがあり
お喜び頂いたお客様がいらっしゃり嬉しかったです。

【メンテナンス】
またメンテナンスに関しては、イタリアの部品の在庫がないため修理をお断りしたり修理金額が合わなく
お役に立てない事があり心苦しい面もありました。
しかし、家具のしくみを御説明する事でお客様ご自身で解決した例も何件もあり
それに関しては安堵致しました。

【家と家具との繋がり】
アビターレショップ時代、リブレリア(壁面収納家具)を沢山オーダーさせて頂きました。
そのお客様が年月を終え生活スタイルの変化があった時にも、次のお住いにリブレリアに合わせた
御新居をお探しになるという方も多かったように思えます。
有り難い事です。

秋から年末にかけて様々なお客様と再会致しました。
家と家具との密接な関係も目の当たりにしました。
ハワイ移住を考え日本からハワイにマルケッティ家具を移送されたお客様が、
日本に帰国しまた家具を持ち帰ってきたストーリーや、アビターレプロデュースで
まるごと一軒売却予定の家を家具に愛着があるので思い直し当分はまだ共にされたいと決断されたお客様や、
増築で新たに家具を御購入、奇跡的に閉店時新品在庫を手にされ、マルケッティワールドを進化し続けるお客様などなど・・・。
家・家具・人・・・ドラマがありすぎて皆様にご紹介したい気持ちでいっぱいです。

閉店前にお客様宅訪問で御世話になったお客様が、
二年越しに御新居を建てられました。先週のことです。
家具前提の設計で素晴らしいご新築でした。

『住まう倖せ』 2018年10月

奥様はマルケッティ家具に出会ってからこうなるだろうと夢描いていた想像通りの家具と家との関係。
来年、また改めてお写真をいただく予定ですのでお楽しみにお待ち下さい。

究極は家具にとどまるべきではなく、家そしてその方の人生が繋がっていくのだなと・・・
新年もアビターレループで何ができるかを挑戦し続けていきたいと思います。
来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
良いお年をお迎え下さい。

【追伸】
アビターレループの仕事とは別で、本社㈱山新の不動産物件オフィスビル2棟の管理に携わっております。
私達運営事務局がございますオフィスビル・白山NTビルと水道橋にございますシェアオフィス・WORK&HOUSE Suidobashi です。
異業種になりますが、この仕事でも数多くの方とお会いすることができました。
ビル保全ではいろいろと勉強させてもらい、この一年でより良いビルになったと自負しております。
コロナ禍でオフィス移転やシェアオフィスの需要も増えております。
こちらでも何かお役に立てる事がありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。