Pierre Scuro 職人技が光るアンティーク仕上げ

前回は新入荷に伴なう展示替えの様子をお伝え致しましたが

皆さまお楽しみ頂けたでしょうか。

今回は、その中でも特に「職人技が光る家具」として

アビターレお勧めのアンティーク仕上げの家具をご紹介致します。

 

IMG_4263

 

コンソールテーブルFG137/C天板

Pierre Suro(ピエール スクーロ)仕上げ

 

Marchettiの家具には、仕上げの色が多種あり色名も独特なのは

ご存知だと思いますが、その中で最もアンティーク加工の強い仕上げです。

エッジを削り、傷をつくり、煤や塗料のたまりなど陰影を濃く表現した

仕上げですので、scuro (イタリア語で暗い・闇などの意味)と

名付けられています。

そして艷やかな表情もあり、根強いファンも多い仕上げです。

 

今回入荷した Pierre Scuro の家具で御紹介するのはキャビネットTC001。

 

TC001ps

“Pierre Scuro 職人技が光るアンティーク仕上げ” の続きを読む

ショールームの模様替えを行いました。

こんばんは。

肌寒くなり、上着を一枚羽織って外出する機会が増えたこの頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

先日、イタリアより新しい家具が入荷しましたので、ショールームの模様替えを行いました。

今回もいろいろなテイストでご紹介しておりますので、

年末に向けてお部屋を整えて、新年を迎える準備をしてはいかがでしょうか。

 

【モダン×クラシック】

黒、茶、オイル仕上げをミックスした空間にしました。

今回の目玉の一つは、幅3メートルを超える2枚接ぎ無垢のテーブル(Abi304)です。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

脚は十字のモダンなデザインです。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

木端は木の原型を生かし、なだらかにカーブしており、

天板は手カンナをかけ、味のある風合いに仕上げています。

重厚感のあるテーブルは、モダンでシンプルなチェアー(MM503)とチェスト(D115/L)を合わせ、

小物のミラーやテーブルランプも黒色で統一しました。

チェアーに掛けたファーは、明るい色を選び、全体が重くならない様に黒の分量を調節しています。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

“ショールームの模様替えを行いました。” の続きを読む

『住まう倖せ』

寒露が過ぎたこの時期は、

澄んだ空から富士山が綺麗に見える時があります。

秋だなと思えるいい瞬間です。

 

つい先日、秋の風情を感じながら納品にお邪魔させていただいたばかりの

素敵なお客様宅を御紹介致します。

 

1

 

 

2

 

 

3

 

 

4

 

今回のお客様宅訪問では 『住まう』 ことを人生の大切な要素として、

お暮らしになっているお客様のインテリアを取り上げてみました。

 

手紙ではなくメールでのやりとりが主流の世の中で、

ついつい省いてしまう季語や挨拶の言葉。

こちらのお客様からはいつも素敵なお言葉で、

温かい気持ちにさせていただきます。

 

『住まう倖せ』

 

この言葉もお客様よりいただきました。

言霊といえばいいのでしょうか、

お客様との出会によりあまりにも心に響くフレーズが沢山脳裏にやきつけられ、

今回のブログで引用させていただくことにしました。

沢山撮影されたお写真も頂戴しご協力いただきました。

(お恥ずかしながら自分の拙い文章能力にもお力を借りた次第です。)

 

“『住まう倖せ』” の続きを読む

イタリア製カバーリングソファー入荷致しました

イタリア・rs valeo社よりソファー・アームチェアーが入荷しております。

一つ目は優雅なフォルムで長年ご好評のGIACOMO

光沢感のある黄色とグレーのドットが魅力的な、

ジェーン・チャーチルのテキスタイルでのカバーリンです。

 

R0043237

 

“イタリア製カバーリングソファー入荷致しました” の続きを読む

I’m home no.96にてご紹介いただきました。

こんばんは。

早いもので今年も残すところ3ヶ月となりました。皆さまいかがお過ごしでしょうか。

今回は、I’m home no.96「ACCENT FURNITURE」としてチェストをご紹介いただきました。

 

11

 

イタリアMarchetti社のチェスト(D20)は、7つの引き出しに書類や細やかな物を分けて収納でき、

とても便利です。遊び心のある取っ手もポイントです。

既存の家具に空間のアクセントとしていかがでしょうか。

 

D20H

 

左側の写真は、上記と同じモデルで仕上げ違いのチェストです。

アンティーク加工が強く、古びた感じがヴィンテージの雰囲気を醸し出してくれます。

右側の写真は、デザインを少し変えたD188というモデルになります。

サンドブラスト加工を施し、黒い塗装で仕上げています。

取っ手のスワロフスキーが三日月になっており、モダンなインテリアに合いそうです。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

この他にも日本在庫がございます。

気になる仕上げがございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

Exif_JPEG_PICTURE  55

 

DSC_0127

 

以前、ご紹介しましたテーブル(NEXOR)も引き続き展示しています。

 

G543-262-140_ G371-100-140_

 

こちらのテーブル(FG137/C)は、近日入荷予定です。

 

88

 

また、家具の新入荷に伴いましてショールームでは、大規模な模様替えを予定しております。

随時、ご紹介していきますのでもう少々お待ちください。

ファーで冬支度を

朝夕に過ごしやすい季節となりました。

洋服の衣替えと一緒に、インテリアも少しだけ衣替えはいかがですか?

デンマークの ブランド、Natures Collection からファーが入荷しています。

チェアーにふわりとかけるだけで、これからの季節にふさわしく変身です。

 

チェアーfg679ピンク

“ファーで冬支度を” の続きを読む

新入荷家具のお知らせ:第二弾 イタリア製カバーリングソファー

アビターレでオープン以来20年以上にわたりご紹介しているソファーブランドに

北イタリアのrs valeo(ヴァレオ)社があります。

高度な技術を持った職人が1つ1つ手作業で仕上げていく、

テーラーメードといえるようなソファーやアームチェアーを製作しているブランドです。

 

特にカバーリングタイプでは、複雑な曲線をもつ本体に

生地をぴたりとあわせた縫製がとても美しいとご好評です。

 

17_312_--_1427885646_1

 

そして生地コレクションの豊富さは、まさに生地の本場イタリアならでは。

 

一般的にソファーや椅子張り生地というと

どういうわけか無地で単調なものばかり…とお思いの方は

ぜひヴァレオ社のコレクションをご覧ください。

カラーもテイストも様々なものが揃っています。

 

たとえばこちらの生地見本の中から

中央下のグレー系の生地でカバーリングソファー、CESAREを制作しました。

 

ヴァレオ生地見本

“新入荷家具のお知らせ:第二弾 イタリア製カバーリングソファー” の続きを読む

新入荷家具のお知らせ:第一弾

こんばんは。

今季入荷する家具は、イタリアを出発し順調に日本に向かっています。

そこで、本日は入荷する家具の一部を皆様にいち早くご紹介したいと思います。

 

商品写真は、イメージ写真になりますので、

実際の仕上げと違う場合がございますが、どうぞご参考ください。

 

テーブル(FG137/C

デスクやコンソールとしてなどいろいろな用途でお使いいただけます。

 

FG137-1

 

観音開きの天板は、165x120センチに広がりますので、大人数でもゆったりお食事ができます。

 

FG137-2

 

下記のようなアンティーク調で全体的に黒い煤が付いたような仕上げ

(PIERRE SCURO)が入荷します。

 

FG669

 

テーブル(FG603

天板の象嵌が美しいですよね。

こちらは、写真と同じ仕上げ(PIERRE CHIARO)の物が入荷してきます。

 

FG603-1

 

FG603-2

 

伸長式のテーブルになります。

通常はW160ですが、リーフが3枚付いていますので最長W280センチまで広がります。

 

FG603-3

 

このテーブルには、シンプルなチェアーを合わせたいですね。

昔からの定番チェアー(TC047)は、PIERRE CHIAROの板座が入荷します。

 

B0081P 0260

 

また、座り心地の良いチェアー(MM503)も脚部がPIERRE CHIARO、

シート部分は、グレー系ストライプ の生地張りが入荷してきます。

 

B0160P 0097

 

 

可動式ワゴン(FG685)は、食器やグラスを乗せてリビングやダイニングに運んだり、

玄関のディスプレイ台など多目的に使う事ができます。

写真と同じ仕上げ(NERO ANT/PIERRE CHIARO)が入荷します。

 

1

 

この他にも、ご紹介していないテーブルやチェアーが多数ございます。

10月には、入荷しショールームでご覧いただけると思います。

HPのProductに☆印を付けて随時更新していきますのでどうぞお見逃しなく。

 

次回は、第二弾をお送り致します。

秋色のキリムクッション

こっくりした色合いと 幾何学的な模様が魅力のキリムクッション。

秋へ向かってインテリアにプラスしたいアイテムの一つです。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

遊牧民の女性たちが手織りで仕上げたキリム。

自然な色合いがどのインテリアにもなじみます。

デザインも様々。動物や花などをモチーフにしているそうです。

 

シンプルなお部屋のコーディネートに加えると

あたたかみのあるリラックスした空間に。

 

キリムのある部屋

 

ビンテージ感のある焦茶色の革のソファーとも好相性。

イタリア・baxter社のソファー MICKEY EXTRAと。

 

キリムとミッキー

 

0965_preview2

 

イタリア・Marchetti社の象嵌細工のパンカFG653

もともとリネン類を入れることを想定して作られた大きな箱のような家具。

ここにラフにキリムクッションを入れてみました。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

Marchettiでも珍しいエスニックなモチーフの象嵌細工と

キリムのイメージで個性的なワンシーンになりました。

 

アビターレのキリムクッションはオールドキリムと呼ばれる

古い風合いのキリムをパッチワーク風に加工したもので、すべて1点ものです。

柄の組み合わせも楽しめるキリム、秋のインテリアにおすすめのアイテムです。

 

NMとキリム

 

オールドキリムクッション  カバー¥5,000~

ワードローブ NM317 Marchetti

 

 

 

 

イタリア Mobil sedia社商品のご紹介

今日はイタリア Mobil sedia社からのご紹介です。

 

アビターレで昔から人気のこのスツールMS813

 

MS813S黒

 

「カボチャスツール」と愛着を持って呼んでくださる方も多い

このスツールは、イタリア・Mobil sedia社の定番商品の一つです。

“イタリア Mobil sedia社商品のご紹介” の続きを読む